どうしてこのブログを始めたのかを勝手に説明してみる

数日暑い日が続いたと思ったら、今日は一気に涼しくなっちゃいましたね。

私の住んでいるところは、10月なのに真夏日でしたよ…。

それなのに、急にここまで寒くなると、もう具合悪くなっちゃいますよね。

自分よりも娘の着るものを調整するのに気を遣います、どうも、はじょゆんです。

これで、秋になるんですかね?

4年住んでいた北海道では、もう雪が降ったそうですね。

懐かしいですねww





誰トク!?な本日の話題はこのハッピー全開のブログについて

誰に質問されたわけでも何でもないんですけど、今日は私がこのブログを書き始めたきっかけについてお話しします。

え?だれも聞いてないって?ネタがなくなっただけだろって?

そうなんですよね。

質問やコメント待ってますねww




実はこのブログは1つの新聞の連載から始まった

はい。

私新聞読まないですけどねww

引っ越す前は実家でお世話になっていましたので、毎朝新聞配達のおじさんが午前4時頃にスーパーカブで届けてくれるんですよ。

朝ご飯を食べながら1面だけはチラッと目を通すんですけど…チラッとね。

「今日はこんなこと載ってるよ」的な申し訳なさそうに1面の端っこに載っていた、ある連載の説明文に目がとまりました。

「いのちをまもる」

5本完結の連載のテーマはこれです。

もともとそういう話題に興味がないわけでもないけど、妊娠してからさらに敏感になったよね。

ええ。猛反対を押し切ってひとつの命を守りましたから。

その日から5日間読み続けました。

赤ちゃんポスト」とか「未婚の母」とか「虐待」とか。





特に心に響いたのは「生きる権利を奪わないで」という言葉

赤ちゃんポストは安易な妊娠・出産を助長するという意見もありますよね。

確かにそういう面もあると思う。

でも、たとえどんな事情があろうとも、軽い気持ちで腹痛めて産んだ子供をポイっと簡単にポストに入れることができる親はいないんじゃないのかなって思います。

うーん…そう信じたいだけかもしれないけど。

「幸せにすることができない。でも、生きて幸せになってほしい」と願って、最後の希望になってるんじゃないかな…。

いつか迎えに来るからねって人もたくさんいるだろうし、匿名でいいのにちゃんと実名も居住地も残して置いていく人もいるらしい。

だからって、許されることではないのかもしれないけど。

「無責任に子どもを捨てる奴の手助けだ」という意見に対して、ある人物がこう一言。

「未来ある子供の生きる権利を奪うことよりも、生きる環境に預ける決断のほうがよっぽど親としての責任を果たしているのではないか」

は~~~~~…と思いました。心に刺さったよね。






未婚のまま出産することは無責任で責められなければいけないことなのかな

その赤ちゃんポストに預けたり、乳児院に預けたり、そういう決断しかできない背景には、「未婚の母」という母親の事情がありました。

生んでもひとりでは育てることができない。

妊娠したら彼氏と連絡がとれなくなっちゃった。

悩んでいるうちに堕胎できる週数を超えてしまった。

未婚の母にはなりたくない。

育てられないけど殺すこともできなかった。

そりゃあもう、いろいろな理由があるんだけど、その「未婚の母」という理由で、子どもを捨てる決断をした人、または現在まさに悩んでいる人に伝えたいことがあります。

未婚の母っていけないことですか?

未婚の母って不幸せなんですか?

結婚することができたら、その命を守るんですか?

相手がいたら生むなんていう覚悟で子どもを生むことのほうが、私は無責任だと思います。

自分が未婚だから、それをたなにあげているだけかもしれないけどね。

未婚の母がいけないなんて誰が決めたの?

誰に責められることを恐れているの?

幸せになるか不幸せになるかなんて、自分の力でいくらでも変えられるよ。

苦労がないとはいわないけど、結婚していたって苦労はするでしょう。

それよりもちょっと多い苦労をするだけかもしれないじゃん。

というか、苦労の量が増えるというよりかは、苦労の種類が違うだけだと思うな~。

だって、旦那と子どもの教育のこととかで揉めることとかないもんね。たとえばww

「休みの日くらい子供の面倒見てよ!」とかイライラすること皆無だもんね。もともといないからww

もちろん、味わう苦労が違うから、経験できる幸せも種類が異なりますよ。

パパとママと子どもで仲良く買い物している様子とか見ると、切なくなる時は確かにあります。

でも、こんなに可愛い子どもを独り占めできる幸せは、未婚もしくはシングルでしか味わうことできないよ?

つまり、全てそういうこと。






幸せ、不幸せは本人が決めればいいことで、他人にとやかく言われることではない

まあ、言わずもがなだと思いますが、幸せなんて本人が幸せだと思えれば、誰が何と言おうと間違いなく幸せなんですよ。

未婚だから幸せじゃないとか、幸せになれないとか、そんなのわかんないじゃん。

未婚だろうと幸せになろうと努力すれば、幸せになれるんだよ♡

だって、私めちゃんこ幸せですもん。






要するに、ブログを通して幸せなママを増やしていきたいと思った

結論、なんでその「いのちをまもる」連載がきっかけでこのブログを始めたかと言うと、妊娠したことで悩んでいるママとか、未婚の母になりそうで苦しんでいるママとか、子育てが辛いよ~ってなっているママとかを救えたらなって思ったんですよね。

救うなんておこがましいけど、なんか少しでも心が軽くなるお手伝いができたらなって思うんです。

先輩ママさんの子育ての悩みには、全く役に立たないと思うけどさ。

「妊娠した!どうしよう」っていう方には、ちゃんと赤ちゃんと向き合って、彼氏とか周りの意見に流されて、生んだり生まなかったりを決めないでねって伝えたい。

「このままだと未婚の母だよ~」って悩んでいるということは、生みたいって気持ちがあるわけだよね?だったら、未婚でも幸せになることができるんだよって知ってほしい。

赤ちゃんを授かるって奇跡だから。

そんな奇跡が原因で、涙するママも、たった数週間で命を絶たれる赤ちゃんも、この世からいなくなってほしいです。

奇跡ってめちゃんこ嬉しいものじゃん。

奇跡って起こったらめちゃんこ幸せになるはずじゃん。

あなたも私みたいにめちゃんこハッピーになれるんだよ❤









未婚シングルマザーランキング


新米ママランキング