娘との時間も、娘のためのお金も、ケチりたくない贅沢な私の選択

どうも、みなさん、お久しぶりです。

はじょゆんです。

無事に引越しが終わったのは良いんですけど、ネットが繋がっていなくて、たった6日で携帯のギガ数超えました…

低速通信でなにをするにも不便…イライラ…

ダメですね。便利な世の中に慣れてしまいすぎています。

コレを機会に、しばらくスマホ離れでもしようかな^^と考えております。


でも、いいこともあるんですよ♪

Wi-Fiつなぎに実家に来たら、なんと歌舞伎揚が!!

ボリボリいい音立てながら、更新しておりますww





お金はあるけど時間はない?時間はあるのにお金がない?

「時は金なり」という言葉があるように、この世の中はお金と時間をやり取りさせて成り立っていますよね。

ほとんどの人が自分の時間をお金で売って、生計をたてています。

8時間労働するからお給料をいただく。

これって、自分の8時間を売っているんです(いわずもがな体力も)。

さらに、時間をお金で買うこともあります。

例えば、高速道路。

一般道でも行ける場所へ、お金を払って早く行く手段が高速道路です。



個人的な昔話になりますが、まだ私がピチピチの女子大生だった頃ww

タクシー乗るなら地下鉄。地下鉄乗るなら一駅、二駅なら歩く。

という考えを持っていました。

歩いて移動する時間はあったけど、地下鉄やタクシーに乗るお金はなかったんですよね。

ある日、バイト先の店長(これが、大阪出身の遠慮を知らない言いたい放題のあんちゃんでしたwwでも、すごくいい人。いろいろ学校では教えてくれないことまで教えて頂きました)に、「時間がもったいないやろ~!!」と一括されたことがあります。

「歩く時間あったら、タクシー乗って、できた時間で金稼げ」と。

「浮いた時間で、お前は自分磨きができるやろ!!」と。

青二才だった私は、「お金がある人の考えや~」なんて聞き流していたんですけどね…。

今となっちゃ、本当におっしゃる通りで。頭が上がりません。

お金なんていくらでも稼ぐことができるけど、時間は24時間平等に与えられていて、増やすことはできないんですよね。

それに気づくのは大学卒業して、就職してからしばらくたってからなんですけど…。

学生の時は確かに自由な時間がありました。でも、お金がありませんでした。

時間はあるのに、お金に制限されて生きていました。

社会人になってからは、ありがたいことにそれなりのお給料は頂いておりましたので、お金は人並みにありました。でも、自由に使える時間が減りました。

学生の時とは真逆。時間に縛られながらの生活になりました。

それが普通と言えば普通です。当たり前。世間一般人は、きっとみんなそう。

でも、この一般的なことって、すごいバカげてるな~って思うようになったんですよね。




娘が生まれて考えが変わった!!

娘を妊娠する前は、このバカげている当たり前の生活でいいかなって思っていました。

だって、これが普通だし。

自分ひとりなら、時間もお金もそれなりにやりくりできたし。


でも、娘が生まれて娘との時間、娘のためのお金が大事だなって思うようになりました。

ひとりで育てなきゃいけないから、お金を稼がなきゃ!って思っていたんですよね。

だから、生後3カ月で働き始めました。託児所に娘を預けて。

それもどうなのかなって思いました…。

3カ月なんて生まれてすぐに他人に預けられてさ。親の都合でさ。

おもちゃも買わず、家では布おむつ使って、節約できるところは節約して。

そうやって、娘に必要なお金で削りたくないところは削らないで済むように。


でも、娘が難病になっちゃって、入院・通院・集団生活禁止になってから、こんなことしてちゃダメだなって思ったんです。

お金が入っても娘と一緒に過ごす時間がなかったら、それは私の理想の生活じゃないなって。

時間ができたとしても、娘に出してあげるお金が制限されていたら、それもちょっと違うなって思う。

だから、私は娘との時間もお金も手に入れることを選んだんです。




夢が夢で終わる人生とは、さようなら!

シングルマザーだからなのか、母親なんてみんなそういうものなのか、わかりませんけど。

娘と一緒にやりたいことたくさんあるんですよね。

父親がいないからって他の子と違うって思わせたくない。

「ママしかいないからね~」とか、みじめな思いさせたくないんですよね!

だから、このビジネスで成功するって決めた。

カード決済事業

本当にこれからが楽しみでしかない。

娘との時間もたくさんできるし、娘にかけるお金もケチらないでいい人生♡

素晴らしすぎる。












未婚シングルマザーランキング


新米ママランキング