子どもを作った責任。子どもを生む責任。子どもをおろす責任。

久しぶりに職場に行って、久しぶりに先輩に会いました。

「やせたね~!!誰かわからなかった」が先輩の第一声。

続けて、「大丈夫!?」と言われてしまったww

どうも、はじょゆんです。

確かに娘の闘病で体重は落ちました。

しかし、退院してはや2カ月が経過して1キロ戻っちゃいました。

あの時はやつれた感半端なくてやせたというかげっそりだったけど、今はそんなことありません。

1キロしか増えてないけど、なんていうのかな、オーラ?げっそり感がなくなったと思うんだけどな。

だから、やせた感はなくなったと思っていたのですが、どうやらそんなことないみたいですね。

まあ、痩せたんだから当たり前かww


責任責任言うけど、どの責任が重要なの?

ちょっとびっくりする話を聞きました。

昔、付き合っていたはなこさんとたろうさん。

交際期間はわずか2カ月。

しかし、別れた後もダラダラ身体の関係はあったそうです。

すると、別れて半年後、はなこさんはたろうさんの子どもを妊娠しました。

実は、はなこさんはたろうさんのことが別れた後も好きでした。

しかし、たろうさんははなこさんとちゃんと付き合う気は全くなく、子どもはおろしてほしいと伝えたそうです。

この時点で、ふたりとも最悪なんだけどさ。

子どもはおろしてほしいと言われたはなこさんは、「おろしてもいいけど、そのあとのことはどう責任取ってくれるの?」と言ったらしいです。

つまり、中絶が原因で不妊とかになったらどうしてくれるんだと言いたいらしい。

そんなことを言われてしまったたろうさん。

はなこさんとの結婚を決めましたとさ。

めでたしめでたし?????



子どもを作った責任はふたりにあるよね

別れた後もエッチをしていたわけですから、それで子どもができるなんて当然って言えば当然なわけで、ちゃんと付き合ってもいない状態で子どもをつくったふたりには、子どもをつくった責任があると思います。

子どもをつくった責任。

それってなんだろうって考えました。

命一つ作っているんです。

なにがあっても、幸せにしなければいけないという責任だと思います。

その幸せが、殺すことなのか、生み落とすことなのか、それはまた別の話として。

自分のことよりも、世間のことよりも、なによりもその命のことを優先に考えて、その命が幸せになる、その命を幸せにする責任があると思います。

これは、男も女もあって当然。

だって、子どもってひとりではできるものではないからね。

必ず、男と女がいて、初めて誕生するものだからね。

どちらかが悪いとか、どちらかのせいだということはあり得ないんですよ。



じゃあ、子どもを生む責任は?

子どもを生む責任は、その命を幸せにするという責任を、その命が生きることで幸せになる、幸せにするという選択をした責任です。

つまり、幸せに生きていけるようにする責任。

なにがあっても、その子が「生きててよかった」「わたし幸せ」と思って生きていけるように環境を整えてあげる責任。

これに、育てる責任は入らないと、私は思っています。

自分が育てることがその命の幸せにつながらないのならば、幸せにしてくれるところへその命を手渡す、という行為もその命を幸せにする責任をしっかり果たしているのだと思います。

ただし、そうするのであれば、中途半端に会いに行くとかそういうのはしないほうがいいのかな、と思いますが。

幸せにできないと一度手放したのであれば、手放したことを重く受け止め、その子の幸せを陰で願うことしかできないと思います。

むやみに手を出してはいけないと思います。

言い方を変えれば、我が子を捨てたということですからね。紙一重で無責任です。

でも、それがその子の幸せだと親が判断したのなら、致し方ないのかなと…。

幸せにできないと思っていたら、絶対に幸せにできませんから。

幸せってそんな簡単に手に入るものではないと思うから。

ひとつ言っておきたいのが、決して子どもを無責任に生んで、無責任に捨てろと言っているわけではありません。

むしろ、自分で幸せにできないなら生むなと私は言いたい、というか、それ以前に作るな、と。



最後、子どもをおろす責任

これは、もうわかりませんんがね。

「人を殺した」という事実を一生背負って生きていけってことですかね。

お腹に宿ったときから、立派な命です。人間です。

堕胎するということは、どんな理由があろうとも、人殺しと同じです。

生きている人間を殺したら罪に問われるのに、お腹で生きている胎児を殺しても罪に問われないことが理解できません。

なんで、そんなに軽く考えられているの?

同じ命じゃん。

奇跡じゃん。

簡単にできるものじゃないことくらいわかっているでしょう?

殺すなら、初めから生み出さなければいい。

妊娠する行為をしないでください。



はなこさんとたろうさんは幸せになれるのか

私はこのふたりの話を聞いたときに、「そんなんで結婚していいの?」って思いました。ぶっちゃけ。

だって、たろうさんが結婚を決めた理由は、はなこさんや子どもと生きていきたいからじゃない。

はなこさんのことが好きなわけでもない。

一緒に幸せになろうっていう気持ちもない。

ただ、おろすことへの責任よりも、結婚という形で責任をとった。つもりになっているだけ。

はなこさんも、たろうさんが自分のことを大切に思ってくれていて結婚するなんて思ってないよね?きっと。

それで結婚してくれたとしても、それって幸せなのかなって思っちゃう。

まあ、はじめはどうであれ、うまくいって、最期に幸せだったって思えれば、いいんだけどさ。

わたしは、この三人が幸せになってほしいと思う。

どんなスタートの切り方でも、幸せを求めて真剣に生きていれば幸せになれる。

そして、「子どもができたから結婚」か「子どもをおろす」かの、どちらの選択をしたとしても、責任を問われたたろうさんが逃げずに自分で決めて結婚したという決意が、幸せにつながってほしいと思う。

だって、子どもをおろしてってどんなに最低野郎でも、そんなに簡単には言えないんじゃないかなって思うから。

たろうさんは結婚してもはなこさんもこどもも幸せにすることができないと思ったからこそ、そういう決断をしたんだと思うから。

それなのに、なかば不妊の脅し?をかけられて逆の責任の取り方を求められて下した彼の決断が、間違いではなかったと証明してほしい。

…なんか、日本語おかしくて通じないかも…ww

とにかく!

はなこさんが無事に出産して、三人で幸せになってほしいと願う、今日この頃。







未婚シングルマザーランキング