ふたりのためにも、強くならなければ。


5月。

元号「令和」時代の幕開け。

10連休のGWもそろそろ折り返し。







休日の公園が苦手でした。
目を背けたくても「幸せな家族」像が目に入ってくるから。

パパ。
ママ。
子供。

両親の揃った普通の家族。

片親家庭が不幸せな訳ないんだけど。
両親揃っていれば必ず幸せと言うわけでもないんだけど。
どうしても自分が望んでいた「幸せな日曜日」の姿に、まだ心が揺さぶられてしまう。

「あなたが生きていれば、私たちもそんな姿でココにいられたのに」

そんなどうしようもない考えが、私の頭を私の意思とは関係なしに支配する。

踏ん張ってないと崩れ落ちそうになる。
上を向いていないと涙が落ちそうになる。







でもね。

スリングの中では、スヤスヤ眠る愛がいて。
震える私の手を握ってくれる海は、大はしゃぎで飛び跳ねているの。

私の気持ちなんておかまいなしなの。

ふたりの姿に救われる。








でもね。

2歳になった海は、たぶんお友達にいる「パパ」が自分にはいないことをそろそろ理解し始めているし、愛だってそのうち理解するでしょう。
いつでも見守っていてくれている自分達だけの「パパ」がいることを理解するまでは、目に見えない「パパ」を恋しがるでしょう。

日常的に目にする家族、耳にする家族、それらを通して傷つくこともきっと私以上だ。

今、私が感じているこの気持ちは、これからふたりが体感することになるでしょう。

やりきれない気持ち。
どうすることもできない寂しさ。
「ママ」では埋めることのできない大きな存在。







それでも、
残された私たちは生きていかなければいけない。

日曜日の公園に負けてはいけない。

だって、こんなに楽しそうに滑り台をする笑顔があるから。








パパがいないのは寂しいけれど。
それはどうすることもできないけど。
何をしたって消えっこない寂しさだけど。

「パパがいればもっと最高だけど、ママだけでも最高だよ!」

言葉にしなくてもいい。

いつか、そんな風に心から思ってくれる日が来たら、私の人生は完璧だ。






人気ブログランキング



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村







ルレシャン

あなたの目に留まったのも、きっと運命なのでしょう。

はじめまして。
名も無い私のブログを読んでくださってありがとうございます。


このブログは、
二児のシングルマザー が書いています。

日々の娘たちとの二度と戻ることができないかけがえのない日常の出来事。
二度と会うことのない最愛の人へのラブレター。
読んでくださるみなさまへ伝えたいこと。

その時々によって、内容がだいぶ変わってくるかと思います。
拙い文章で読みづらいところも多々あるかと思います。

そんなブログですが、
お付き合いいただければ幸いです。

見守っていて。3人で笑って生きるから。

あなたがいなくなってから、1年が過ぎました。




海は2歳になり、順調に生意気な女の子に成長しています。
あなたから受け継いだくるくるパーマがお人形さんみたいで、
誰からも可愛いと言ってもらえる、
本当に可愛い女の子になっています。

愛は7ヶ月です。
二人目の成長ははやいってよく言われるけど、
もうズリバイをして後追いが始まりましたよ。
海にいじめられながらも、
お姉ちゃん大好きで、
海を見るとニコニコにこにこ笑います。

私は28歳になりました。
生きていたら「もうおばさんじゃん」なんて失礼極まりないことを言われそうです。
毎日必死に過ごしていて、女を磨く暇なんてないくらい。
隣にいたら、ダメ出しされそうね。




遠いところから見ていてくれていますか?
私の知らないところで、綺麗なねーちゃんナンパしてるんでしょうね。

それでも。
私にはあなた以外は考えられない。

海と愛のパパはあなただけだし、
私の心を鷲掴みにしたまま消えたあなたは、
宇宙で一番最高の男だから。